千代田真紀  オフィシャル・インフォメーション

chiyoda
国際線客室乗務員・人事採用担当・キャリアカウンセラーなどを経て、2005年に独立。
(セミナーや研修は約300回、キャリアカウンセリングは約2500人実施)
現在は企業・大学・各種セミナーで講師として活動。
コミュニケーションを中心として、キャリア開発・人材開発に取り組んでいる。

経歴

1981年
秋田県立大館桂高等学校 卒業
1983年
共立女子短期大学 文科英語専攻 卒業
1983年
航空株式会社 入社
国際線客室乗務員として勤務(1987年退社)
1995年
プロ司会に従事(フリーランス)(1997年終了)
1997年
エステ会社 入社
人事部採用課に配属 採用担当として勤務(1999年退社)
2000年
契約社員として勤務(2005年終了)
・人材派遣会社(派遣コーディネーター)
・メディア・出版会社(キャリアカウンセラー)
2005年
有限会社キャリアステージ設立 代表取締役
現在に至る

講演内容

「コミュニケーション」

コミュニケーションは人間が生きていく上で土台となるものです。なぜなら人間は一人では生きていけないからです。他者と支え合い、協力し合いながら社会生活を送るためには良好な人間関係を構築する必要があります。その手段として、マナースキルや表現方法を習得します。

「新入社員向けビジネスマナー研修」

社会人と学生の違い・組織の役割・マナーの必要性を理解しながら、挨拶・表情・態度・身だしなみ・言葉づかい・電話応対・来客応対の演習を行います。マナーは思いやりの「心」が一番大切であり、お辞儀の角度など「型」を覚えることが最終目的ではないことを繰り返し伝えていきます。

「コミュニケーション力向上による組織力強化」

新入社員・ベテラン社員・管理職・経営者など、それぞれの立場の状況や心理を考えながら、望ましいコミュニケーションの取り方を習得します。効果的な会議の進め方についても理解を深め、演習を行います。

「部下のやる気を引き出すコミュニケーション」

一人ひとりの社員の成長が、企業の成長につながります。そのためには「自分はこうしたい、こうなりたい」と自ら’思う’ことが必要です。やらされ感では建設的な発想も行動も生まれません。目標を持つ、目標達成のための行動計画を立てる、上司がフォローするなど、具体的な方法を習得します。

「キャリアプラン」

自分がどのように生きていけば充実感や幸福感を感じるのかを考えてもらいます。進め方はグループワークが中心です。自分の体験を話しながら自身の価値観を確認したり他者の話を聞くことにより、一人ひとりが違って当たり前であることを再認識します。そして自信をもって一歩を踏み出せるようになります。

「なぜ働くのか」

主に学生や若者に、グループディスカッションをとおして考えてもらいます。最初はお金を稼ぐためという意見がほとんどですが、事例研究などをとおして少しずつ他の意見もでてきます。このように、自分で考え自分なりの正解を見いだしていくことで、働く意欲が向上します。

「女性のためのキャリア講座」

自分らしく働きたいと考えながらも、なかなか行動に移せない女性が多いのが現実です。経済や雇用の動向・諸制度の確認・自己分析・出産や育児も含めたキャリアプランをとおして、自分らしい生き方を考えます。

実績

【講演実績】 <大学・専門学校・高校>※キャリア・就職支援に関する講演が中心。

・短大にて「キャリアデザイン」科目を担当。
・専門学校にて「ビジネスマナー」「プレゼンテーション」科目を担当。そのほか、50校以上にて実施。

<企業研修>※コミュニケーション・ビジネスマナー研修が中心。

・「部下のやる気を引き出すコミュニケーション」、「コミュニケーションによる組織の活性化」、
 「新入社員研修」、「論理思考」、「ビジネス文書」など
・対象=新入社員、中堅社員、経営者
・業界=IT、ホテル、小売、人材派遣など
・職種=SE、接客・販売、事務、キャリアカウンセラーなど

<自治体>※コミュニケーション・ビジネスマナー、就職支援、女性支援が中心

「チャレンジ・女性の再就職」、「コミュニケーションの基本」、「ビジネスマナー応用編」など

【メディア出演】

新聞各紙(2009年千葉県教育庁関連記事=委員として参加)

【その他実績】

2009年、千葉県教育庁「千葉県の教育を元気にする有識者会議」に委員として参加

関連リンク